ファクタリングは借入ではありません

日本ではまだ浸透していないファクタリングですが、欧米などではすでに多くの企業が資金調達の方法として利用しています。
ファクタリング会社との契約で資金を調達するのだから、これは借入なのではないかと勘違いされている方が多いようです。
もちろん、これは勘違いで借入ではありません。
自社がすでに持っている売掛金という債権を売買するわけですから、借入契約ではないのです。
そのため、通常の借入のように、会社自体の審査を重視するようなことはありません。
会社の経営状態よりも、売掛債権の内容を重視しているからです。
売掛債権は、持っている会社よりも、取引先の内容が重要であることは、誰が考えてもわかることでしょう。
そのような特徴から、銀行や金融会社に融資を申込んで断れた会社であっても、ファクタリングであれば資金調達ができる場合も多くあります。
銀行や金融会社で融資を断られた会社でも、取引先企業の内容さえ良ければ資金調達をすることはそれほど難しいことではありません。
償還請求権のない売掛債権売買を行っているところもありますから、安心して売掛債券売買を行うことができます。
借入ではありませんから、契約を行ったとしても返済をする必要はありません。
これほど、安全に資金を調達する方法はないでしょう。
ファクタリングで売掛金を事業資金にする方法|資金調達術